クリスマスのクッキー(バニラキッフェル)

お豆な我がパートナー・クリ子は今日の何かをひらめいたらしい。”そうだ!バニラキッフェル(三日月型をしたオーストリアではクリスマスの時期だけ食べるクッキー)を作ろう~!そうしないとクリスマスは永遠に我が家にはやってこない!”

IMG_10176.jpgそんなの初耳です。バニラキッフェルを家で作らないとクリスマスがやってこないなんて。アハ~ン、君はたんになんかお菓子が作りたくなったんですね。ではクリ子さんにお任せしよう~!好きなもんを作っておくれ!!

IMG_10166.jpgその後せっせとスーパーでクッキー用の材料を買い集め、私がゆったりとお風呂なんかに入っている間にバニラキッフェルは焼きあがっていた。それもブログ用に作る工程まで写真に収めて。なんて豆な男なんでしょう・・・そんな彼の心遣いを無駄にする訳にもいかないので早速ブログにバニラキッフェルの作り方の工程を載せさせて頂きます。ちょいと長いですがお付き合いください。

IMG_10146.jpgまず小麦粉300g、アーモンドプードル150g、バター250gを小さく角切りにしたもの、粉砂糖70gを混ぜ手でよく捏ねます。

IMG_10149.jpgよく捏ねたらそこに卵の黄身だけ2個分入れ、またよく捏ねる。そしてそれをこのように一つに丸めて、ボールにラップをし冷蔵庫で1時間寝かせる。

IMG_10150.jpg1時間寝かした生地はこのように細長い形にし、1~2cmぐらいの分厚さに切る。

IMG_10155.jpg切った生地は写真のように一つ、一つ丸めてその後また細長くし、その後、三日月型に成型する。(ブログ用に分かりやすいように全工程をこの写真に収めているクリ子はやっぱりマメ男の何者でもない!)

IMG_10154.jpgそれをオーブンの板に一定の間隔をあけて綺麗に並べていく。

IMG_10157.jpg並び終えた生地は160度~170度に温めておいたオーブンで10分~12分ぐらい焼く。(クッキーの先がちょこっとだけ茶色くなったら出来上がり。決して全体がこんがりするまで焼いてはならない)

IMG_10158.jpgこれが焼きあがりの状態。

IMG_10160.jpgこれを約、粉砂糖40gとバニラ砂糖、約15gを混ぜたお皿に出来上がったクッキーが温かい間に入れ、クッキーと粉をよくまぶす。

IMG_10168.jpgこれで出来上がり!

甘いお菓子があまり好きでない私、そしてバターリッチなクッキーが苦手な私でも好んで食べるぐらい軽くて食べやすいクッキーです。

ご興味をお持ちになって下さった方、一度作ってみてください。 レシピの分量はすべてクリ子のオリジナルなので、適当に減らしたり増やしたりして下さって結構です。

5 Replies to “クリスマスのクッキー(バニラキッフェル)”

  1. これを見て興味のわかなかった人がいるでしょうか?笑
    こないだのリンゴのも作りたいと思いながら、旅支度で余裕がなかったので、これからゆっくり作りたいと思っていまして・・・。
    それにしても「超」がつく豆なクリコさん。笑
    とってもわかりやすいです。
    私も、お料理をブログに掲載するとき思うんですけど、
    特にお菓子は、手に粉がついていたり、バターでぬるぬるしていたり・・・写真を撮るのが大変なんですよ。
    この写真も大変だったと思うな~。
    その間に優雅にお風呂ですか!!笑
    あ~あウィーンまで手が伸びるといいのにな。笑
    そうそう・・・この盛り皿かわいいですね?
    私もこんなの作ろう~~~~。

  2. yurara..さん

    この盛り皿はオーストリアのザルツカンマーグートの一つ、グムンデンという土地の有名な陶器屋さんのお皿です。このお店のサイトはここに載ってます。
    http://www.gmundner-keramik.at/site_en/index_noflash.php

    このお皿結構使いやすいです。細長い分、あまりテーブルで場所取らないのです。

    yurara..さんのブログサイトで作品見せて頂いたのですが、かなり好みです!!また新作できたら見せてくださいね。色使いやシンプルな形などが気にいってます!!

  3. rieちゃん

    リー太にも絶対作れるよ。だって簡単だもん~!って私が作ったわけじゃないけど。(笑)

    リー太の好きな味だと思うから一度作ってみて。材料も日本で全部揃うものばっかりだしさ。
    白い粉砂糖が雪を表していてかわいいからさ。

    そういや、もうすぐお誕生日だね。みんなでお祝いするの??

コメントを残す