床下浸水

新型コロナウィルスの影響で日本にも行けずこちらでもバカンスに行けず、どこか遠出するわけでもなく、ずっとウィーンで過ごした7月。あっという間に夏休みの半分が過ぎちゃったよ~!(泣)今年の夏を返してくれ!!そんなことをいうならついでに春休みもイースターも返してくれ!!と言いたくなる今日この頃。

そんな自粛モードな世界中ですが、我が家の前半の夏休みは我が家でホームパーティーをしたり、人を呼んで遊ぶことが多かったかな。先週末は引っ越して一年も経つのに、コロナの影響で先延ばしになっていた新居お披露目に母ちゃんの友達を呼びました。みんな忙しくって会うのは実に1年ぶり。みんなで楽しく庭でバーベキューをしました。(その時に頂いたハーブたち・・・生憎お天気がこの2日ほど悪くて地植えできず・・・)

この2週間ほどは晴れる日も多くなってきたのですが、それまでの2ヶ月ほどはあまり天候が優れず。そして先日は地下室が床下浸水になりました。この日は夜から急激な雨が30分ほど降り、このワインセラーになっているこの地下室の窓は閉まっているにも関わらず窓の隙間から大量の雨が流れこんできました。

その2日ほど前にインターネットでワインを貯蔵するこれを中古で買ってきたばかりでルーべが洗って乾かしてくれたのですが、下一段目は見る見る間に水の中に漬かってしまいました。先日も九州や各地で大雨が降って洪水になったり、家が浸水したり・・・というニュースを読んだばかり。ちょっとした急激な雨であっという間にこんなことになるんだ・・・と実感させられ、それが一瞬の出来事でどうすることもできない怖さを知りました。

よくニュースで床下浸水して被害になった方々が水が引いてから家の中の掃除をしてられる映像を見るのですが、その時の被害にあった方たちは怒ることもなく淡々と作業をされているのを見て、なんで怒りや悲しさが一切表情にでないんだろう。諦めたようでそれでいながら穏やかな表情で作業ができるのかが不思議だったのですが、なんとなくそれが理解できました。

私達のところは本当に30分だけの激しい雨にも関わらず、窓から滝のように流れて込んでくる雨の速さに太刀打ちできない自然のもたらす怖さを目の当たりにして、これがもっともっと規模が多ければ大きいほど人間の力ではどうすることもできないこと。それを経験されて、あれはもう怒りを通り越した自然の怖さを悟った顔だったんだとわかりました。

我が家はお陰様でこういう時の為に水を一時的に貯めることができる穴があるので、そこの蓋をまず開けてそこに流れ込んでくる水を貯め、そこからくみ上げ式のポンプで水をくみ上げて家族総出でびちょびちょになりながら力を合わせること1時間。どうにか水がちゃんと退いてくれました。(あと30分気づくのが遅ければ、母ちゃんの仕事場まで水が流れ込み、母ちゃんの商売道具も新しくした床下暖房も水に漬かっているところでした。くり子よ、君が飲んだビールのビンを地下に片付けに行ってくれてよかった。それでなければ次の日の朝まで気づかなかったよ・・・)

とりあえず今後の為に外に水量センサーと自動水汲み上げポンプを設置することにしました。こうやって一つ一つ小さいことを経験して大事に至らずに済むように学んでいくことの大切さを知った夜でした。

レストラン満席

華の金曜日なんて死語かもしれないけれど、母ちゃんはまだまだハナキンだと思うと心がウキウキ、そんな世代。まだまだバカンスに行けないのなら、せめてご飯でも食べにいこうと久しぶりにアニーを誘って近くのレストランに食べに行ってきました。

一人暮らしのアニー。一人だけだといつも本当に小食でほとんど何も食べない彼女なのですが、一緒に食べに行くと食欲が沸くらしく気持ちいいぐらい沢山食べてくれます。だから母ちゃんは定期的にアニーと一緒に食事を摂るように心がけてます。

久しぶりの外食。コロナウィルスが流行してからレストランはどこも閑散としていると聞いていたのですが、この日は違った!どの席も満席。大繁盛!!感染のことが気になりながらもレストランに活気が戻ってきたのが母ちゃん嬉しかった!!

この日食べたのは豚のロースト・キムチ風味。オーストリア料理を少しモダンにしたような料理が多いのですが、この日はジャガイモのピューレがキムチ風味に味付けしてありました。なかなか斬新で暑い夏にはいいアイデア。

そして子供たちは牛肉100パーセントのミデアムに焼いたハンバーガー。かなりの大きさなんですが、これをほとんど一人で食べられるようになったルーべ。この先が怖いです。(笑)

でも本当はこの日食べたかったものは、これ。去年何度も夏に食べた蛸のグリル。オーストリアで蛸っていうとゴムみたいな食感に仕上がってくることが多いのですが、ここのはとても上手に調理してあっておいしかったんです。でも今年はメニューになくって残念。たぶんコロナウィルスでお客が減っているところにこういう料理を提供しても、万人に受ける料理ではないのでリスクが大きかったんでしょうね。来年はこの料理が戻ってくることを願います。

〆はこんな夏らしいジントニックなんかで少しバカンス気分。兎にも角にもレストランに活気が戻ってきてよかった~!!

これでキッチン完結

ヨーロッパでもまたコロナの新規感染者が増えていて、明日からオーストリアでは銀行や郵便局、スーパーマーケットでのマスク着用がまた義務付けられました。(この一ヶ月ほどは交通機関を利用する場合や病院、薬局等だけでマスクが義務付けられてました)少しづつまた緊迫しだしたオーストリアですが、それでもみんなバカンスには出かけるようで、この一週間ほど公園でほとんど子供に会わなくなって、みんなウィーンから居なくなってしまいました。我が家はくり子が仕事が忙しいこともあって8月半ばに5日間だけ休暇を取ってくれるのですが、それ以外はずっと仕事。お友達がみんなバカンスに出てしまった今、どうやって子供たちと夏休みを過ごすか母ちゃんなかなか頭が痛い!!

さて年明けに一応完成した我が家のキッチン。台所でもちょこっと食事が摂れるように(そして勉強を見てやれるように?)3月に家具屋さんで椅子を注文しました。コロナウィルスで納品が遅れること2ヶ月、やっと先日我が家に届きました。

布に革をアクセントにつけてもらって作ってもらったのですが、布からすべて自分たちで選んだのですが、出来上がってみたら想像していたより色が明るかった。でも母ちゃん、派手すぎず、モダンすぎず、品があってすごく気にいってます。台所だし子供もいるから革張りした方が手入れがしやすいと思ったのですが、革張りだとどうしても冷たい雰囲気になるような気がしてあえて布にしたのですが、この色だったらますます子供たちの手垢に注意しなくてはいけないのが難点。でも子供たちも大きくなってきたし、気をつけてくれると信じることにしました。(笑)

今あと注文しているのはケラーに置くワイン用の冷蔵庫。それと居間に絨毯。どれも8月には届くかな?少しずつですが自分たちの描くマイホームが出来上がってきました。(嬉)