どうやったら心に響くか?

昔は自分のことで苦しみもがき悪戦苦闘してきましたが、今は子育てに悪戦苦闘。独りの時はなんでこんなに人生って大変なんだ!いつも何事も上手くいかない自分に腹立ててましたが、今はその時には想像できなかった子育ての大変さにぶち当たってます。

もっぱらの悩みは上の6歳の兄さんルーべ。昔からソーシャル面で何かと問題があったんですが、小学校に入るまではおっとりした優しい友達に囲まれて、ちょこちょこと先生に注意されることはあってもさほど問題も起こさずやってきたのですが、小学校はそうはいかない。

オーストリアでは早生まれにあたるルーべは体格もどちらかというと他の子より一回り小さく、口もたたない。遊びで言葉でからかわれるとそのまま真に受けて、腹をたてるが、”違う!!”とだけは言えるものの、その後は怒りの方が大きくて、言葉にならない。そしてからかうことをやめない子に最後には手が出てしまう。これだけじゃなくてまだまだ問題はちょこちょことあるのですが、負けん気の強いルーべは遊びの中でたまにふざけて批判されることが許せないし、聞き流せない。そうして寛容になれない。

どちらかというと自分が一番。だから人に譲ることもなかなかできない。もう少し回りの人達がどう思っているか?どうしてあげたら人は喜んでくれるかな?っという心配りがない。気が合う子とは仲良く遊べるが、気が合わないとこれが大変。

毎日のように学校で男の子とやりあってくる。この3ヶ月ほど機会があるごとにルーべと話し合い、時には涙で枕を流しながら寝るルーべ。頭ではわかっていても、なかなか行動では直せない。それはきっと心でわかってないから。

どうしたら心に響くのかと、母ちゃん試行錯誤しながら、この手あの手でルーべの心に話かけるがまだ希望の兆しはみられない。先生もお手上げ状態。でも駄目なものは駄目。今のうちに直さなければ大きくなるにつれて問題は大きくなっていく。

夏に日本に帰って、3週間ほど日本の公立小学校に通うことを夢みて、毎朝公文の国語を頑張って勉強してから学校に行っているルーべ。でもこの調子じゃ日本の小学校に体験入学は母ちゃん、させてあげられないよ・・・。

スカイにはいつもどんな時も優しく、甲斐甲斐しく面倒をみてくれるルーべ。幼稚園に一緒にお迎えに行ったら、スカイの着替えを手伝ってやったり、荷物を持ってやったり・・・。この優しさがどんな子にも向けられるといいのですが・・・。母ちゃんとルーべの試練はまだまだ続く・・・。

なかなか治らない風邪

今日で学期末休みも終わり。結局、母ちゃん休み中ずっと風邪で体調不良でした。喘息のように咳が出て止まらずj吐き気まで催す。熱は一切でないのですがとにかく体がだるいし、頭が痛い。スカイも風邪をひいて、さほど咳をしてないのに、次の日には声が枯れ、それと同じ症状に母ちゃんもなり、そしてついに昨日からクリ子も同じ症状。とにかく今回の風邪は長引くようで、なかなかよくならない。寝込むほどのしんどさではないにしろ、なかなかつらい毎日です。

ルーべ以外が風邪で弱っているので、今週末はどこかに遊びに行くこともなく、ひたすら家。喉によさそうなお大根をコトコト炊いてふろふき大根。日本からずっと前に持ってきた白味噌を味醂とお酒で溶いたものを乗せて食べたのですが、飾りつけに本当は山椒の葉が欲しかったけれど、なかったので即席彩りにパセリの葉っぱ。(苦笑)とっても温かい味でほっこり。体が弱っている時はやっぱり日本のほっこり料理が一番!!

あとは少し家の方に行って、みんなでお掃除。モップがけが好きな我が家の子達はモップがけで少し運動。

そろそろみんなの体調がよくなりますように・・・。

スカイと一緒にゆっくり・・・

学期末休みに入ってちょっとホッとできるかと思ったら、母ちゃん本腰で風邪をひいてしまいました。子供達からなのか生徒からうつったのか・・・どちらにせよ、体がだる~い!!

そんな元気のあまりない母ちゃん。今日はクリ子が会社を休んでルーべを日帰りスキーに連れていってくれました。スキー大国であるオーストリアでは6歳でスキーを始めるのは遅いぐらい。

やっとスキーをやる気になったルーべ。この時を逃すまい!!とクリ子がワンツーマンで教えるべく朝の8時過ぎには家を出ていった二人。

まだちょこっとスカイには早いスキー。でもお兄ちゃんのスキーのヘルメットは一丁前につけて気分は僕もスキー。(でも服はパジャマのまま・・・)このヘルメットはご近所さんのお古で、母ちゃん達が住んでる建物の廊下に自由にお取りください!!と置いてあったもの。なかなかお洒落で母ちゃん、気にいってます。(我が家には上の階に住むお兄ちゃん達のお古がいっぱい~!!どれも重宝させてもらってます。)

そんなわけで今日一日、母ちゃんはスカイとゆっくりと過ごします~!!