子供たち

一週間前に始まった我が家のキッチンの工事。一週間でキッチンが完成するのかと思いきや2週間はかかるらしい。その間我が家のキッチンには水なし。冷蔵庫も電子レンジも電気系統すべて使えません・・・。予定より一週間工事が延びたことで不便極まりなりません!!作りおきしていた物も食べきってしまったんで、この最近はピザやインスタントのものばかり食べていたら母ちゃん胸焼けして食欲激減。これで痩せられるかな??

さて我が家のボーイズたち、ご無沙汰しておりますが元気にやっております。この最近は二人で仲良く長い時間遊んでくれるので母ちゃん少し楽になりました。

夏には日本で小学校、そして幼稚園デビューを飾った二人。家族や知り合いの方々に助けられ日本で楽しい社会勉強ができた二人。ランドセルを知り合いの方から譲って頂き、それを背負ってピカピカ一年生として小学校に3週間通った兄さん。授業についていけるのか?学校を楽しめるのか心配していた母さんをよそに兄さんが初登校した日の一言目は素晴らしかった!!楽しかった~!!と聞けて母ちゃん胸をなでおろしました。

やんちゃな兄さん、優等生タイプでは決して無いのでどちらかというとやんちゃで悪ガキさんたちといるのが楽しいボーイ。母ちゃんが小学校時代にもあった”鼻から牛乳~!!”に大うけをし、やんちゃな男の子や女の子に囲まれて毎日を楽しく過ごしました。

そしてこちらは幼稚園デビュー。こちらも幼稚園バックを貸して頂き、他の子供さんたちと同じように過ごさせてもらいました。日本の社会に一人で向き合うのが始めてなスカイは幼稚園生活についていくのが精一杯なところもありましたが、笑顔いっぱいの優しい先生やお友達に囲まれて笑顔で幼稚園から帰ってくる日もいっぱいありました。

スカイのいいところはいつも愛想がよくってみんなにいっぱいお話したり、歌を歌ったり・・・投げキッスをしたりどうしたらこうも兄弟で違うの?ってぐらい性格が間逆の二人。この半年で言葉や歌が上手になりました!

そういや兄さん、夏に日本で7歳にもなりました。子供たち全員で一緒にケーキを焼いて日本の家族にお祝いをしてもらって幸せな時間を過ごさせてもらいました!!

ウィーンに帰ってきてからも毎日二人とも飛び跳ねて走り回って元気にただいま成長中~!!

2 Replies to “子供たち”

  1. お兄ちゃん、ランドセル姿よく似合ってるね~~
    ふたりとも、日本でも楽しく過ごせてよかったね。
    こうして2つの国にルーツを持つことを、ごく自然に、当たり前のように経験させることが子供たちにとって大きな財産になるんだね~
    oyumichenやダンナさんが、よくよく考えて育児してることが伝わるわ。ほんとにステキな家族!!!

  2. Taraちゃん

    明確な子供の教育方針を持って子教育されているハーフの子を持つお母さんも沢山おられるけれど、私はそんなお母さん達とは比較にならないぐらいゆる~い感じで子育てしてて、自分の都合で子供を振り回していることも多々。でも子供の可能性は広げてやりたいので、可能であるならば色んな体験をさせてやりたい!!幸運なことに日本で今のところ子供たちを温かく迎え入れてくれる幼稚園や小学校があるので、それならば親も子も頑張ってこの機会を活かしたい!・・・ってな感じでやってます。受け止めてくれる受け皿がある限り母親としては日本の教育や文化をこれからも触れさせてやりたい・・そう思ってやってるだけだから、そんな大したことは何もしてないよ!(笑)元気に純粋に育ってくれればそれが一番!!なんてね!(笑)

コメントを残す