ほとんど変わりませんが・・・

我が家の新居の改装・・・ほとんど見た目は変わりませんが、カタツムリのテンポでちょ~とずつ出来上がってきてます。先日、建築会社との最終決算が終わり、建築会社とのお仕事はこれでおしまい。

あとは建築会社を通さず個人的に家の部屋の扉を業者に頼んでいるのですが、それが出来上がるのが一ヵ月後。来週には3階の部屋の床を削って塗装する業者が入り、もう少し暖かくなったら窓の修復業者にきてもらって、窓を直してもらったら、一応工事は終わり。

それ以外の工事はすべてくり子が毎日一時間ほど仕事へ行く前に少しずつ家の修復をするので、なかなか目に見えるような大きな進歩はないのですが、それでも少しずつ家の中が綺麗になってきてます。電気配線や壁の塗装なんかはくり子が一人で黙々とやっています。このシャンデリアを天井の真ん中につける為に天井部分をハンマーで割って導線ひっぱてきて、シャンデリアをつけた後に天井をまた平らに直してから、部屋一面を塗りなおしたのもくり子。

ほとんど気づかないような作業ばかりですが、小さな仕事をコツコツをやっていってくれるお陰で少しずつ形になってきました。つぎはくり子よ、この黒い四角い穴を閉じて、また塗装をして一面壁を白に塗りなおしておくれ~!!(鬼嫁より・・・)

そして本日彼の仕事の成果がこちら。テラスに出る階段のところにオランダからやってきた外套をつけてもらいました。

次のくり子さんのミッションは地下室の壁を半分取り払ってレンガ壁にすること・・・。そして床のタイル張り・・・などなど。まだまだ先は長いです。でも趣味のように家を綺麗にしていってくれるので、母ちゃんはくり子の仕事をとっぱらわないようにソ~としておきます。(笑)

謝肉祭 2019

一ヶ月以上も引きずっていた風邪もやっと治って、やっと体調も落ち着いてきたこの最近。あら?気づけばもう3月も半ば?!こんなことしているうちにアッと夏が来てしまうのかと思うと怖すぎる・・・・。毎日の日常に追われて、それをこなしたらもう夜。そんな毎日だけどそれでも充実してるからいいっか?!

さて先週Faschingがありました。Faschingとは謝肉祭のことでカトリックや西方教会の文化圏で四旬節の前に行われるお祭りのこと。子供達はこの日はみんな仮装して幼稚園や学校に登校します。

毎年このお祭りの為に衣装を買うのもなかなか馬鹿にならないので、今年はお友達から貸してもらった衣装や親戚のお古を頂いたもので仮装しました。ルーべのお題は魔法使い。自分で作った仮面と頂き物のマントで彼なりに変装。

・・・とおもいきや仮面は目の位置が合わなかったらしく、前が見えな~いと仮面を取ってしまってこれじゃ魔法使いか何かわからないけど、ま!良しとしよう~!!(本当は帽子もあったのに、嫌だと被ってくれなかったルーべ)

こちらはなりきりお化け~!!ルーべの友達のフェリックスから衣装を借りて、それだけで嬉しいスカイ。もう一日中この衣装で過ごすもんだから、母ちゃん汚さないか心配~。

この日は幼稚園でも学校でもお母さんたちがケーキやお菓子を事前に先生や保護者と打ち合わせして持ち寄りで用意するで、登校してクラスに入った子供達の目の前にはパラダイスのような世界。みんなの協力があってのお祭り。子供達がこの日一日楽しく過ごせたのは色んな人達の思いやりや優しさがあってのもの。子供達のこの笑顔をみると親としては感謝の気持ちしかありません。

 

 

久しぶりのデート

体調不良や色んなことが重なり、苦しかったくら~いトンネルから、この最近ちょこっと光が射してきたように思えるようになりました。色々抱え込んでいた問題も少しずつですが、ちょこっとだけよい方向に向かい始めて、母ちゃん、少しホッとしてます。

ちょうど暗いトンネルのど真ん中にいた頃、母ちゃん何にも義母には話していないのに、急に今度いつかクリ子と二人で夜出かけておいで!!私が子供の面倒見といてあげるから!!と天使のような囁きをしてくれた義母。

月曜日がクリ子の誕生日だったので、先週末クリ子の誕生日とバレンタインデーの両方を兼ねて、2.3時間ほど子供達を義両親に預けてクリ子とデートしてきました。

家を一年前に買ってからというもの、家計の事情で外食することもなくなったし、何かプレゼントをすることもちょっとしたお花をプレゼントする心の余裕もお財布の余裕もなかったこの一年。ただただいつも預金通帳とにらめっこをして、毎日の忙しい日常をこなしていくだけのこの最近。夫婦の関係も余裕がなくなり、喧嘩することも、お互い顔を見るだけでも”また何か文句あるん?”っと思うぐらいお互い顔を見るだけでイラっとしたり、とりあえず余裕がない毎日でした。

だからこそ一年ぶりの二人だけのデート。2,3時間だけだけど大人二人だけでゆっくりと話しができたのがお互い嬉しかった。食べに行ったレストランはとにかく子供がいない、大人だけの空間のお店。初めていったレストランでしたが、ワインと前菜のカルパッチョが美味しかった!二人が話すことはやっぱり子供のことであったり、お金のことであったり、計算機が出てくるようなデートでロマンチックとはかけ離れてますが、でも二人とも二人だけの時間ができて本当に嬉しかった。クリパパ、クリママ・・・ありがとう!!そしてクリ子、お誕生日おめでとう~!!まぁこれからも二人でゆっくりやっていこうゼ!!