今度は東屋

我が家の庭には110年前に建てられた東屋があるのですが、私達がこの家を買う前、3年間放置されていたこともあって東屋の横に植えてあった藤の木が無法地状態になり伸び放題。その結果東屋の屋根に絡みに絡みまくって、私達がこの家を買った時にはこの東屋は藤の木の重さに耐えかねて歪んでしまっていました。

専門の業者さんに見てもらったところあと2年は倒壊する恐れはないけれど、それ以降は保障できません。小さなお子さんがおられることを考えると何かあってからじゃ遅いので、2年後までにこの小屋をどうするか考えてください・・・と言われていました。(これが2年前、家を購入した時の状態)

とてもオリジナリティーがあって素敵な建物だったので、これと同じものを復元するか修復することを目指したのですが、これを復元するとなるとどの業者さんに聞いても500万円ぐらいは見積もってください。と言われ断念。先日取り壊すことにしました。

立派な建物だけに取り壊すのが勿体ない!!心を鬼にして、レンガを一枚ずつ剥がしていき、これだけで4時間。110年前の建物は材木もすごく素晴らしく、時間をかけて職人さんたちが一から自分たちで愛情をこめて作ったことがわかるもの。

建物の内側もちゃんと2面構図になっていて、耐久性を考えたものでした。だから110年も倒れずに頑丈だったんだと木板を一つ一つ剥がしていく工程で感じられずにはいられません。

窓も付いていて、電気も通っていてここで昔の人はお茶でもしたのかなぁ・・・。あ~残念。でもこの写真を見てもらって頂いてもわかるようにテーブルもなにもかもかなり歪んでいます。

どんどん剥がされていって、ここまできたらもうあのクラシックな建物の雰囲気は何処へ?

最後はくり子が週末に全部やってくれ、母ちゃんが出掛け先から帰ってきた頃にはすべてが取り除かれてました。

ここにはまた新しい違うスタイルの東屋を建てるつもりでいます。それまでもうしばらくは今まであった東屋に思いを馳せよう!

これぞ待っていた生活

新学期が始まっても最初の二日は短縮授業だったり、スカイは病院の診察があって幼稚園を休まなくちゃいけなかったりとまだまだ子供がすぐ家に帰ってくる数日ですが、それでも二人が同じ時間に幼稚園や学校に行ってくれることで少しだけ自分の時間ができました。ほんの10分、15分でも誰も居ない家でホッとできるこの時間。前はこれが当たりまえだったのですが、半年子供たちがほぼ毎日家にいる生活を経験した今は、なんと至福な時間なんでしょう。(笑)今までそんなことを気にしたことはなかったのですが、始めて今日、深呼吸できたような気がします。今までイノシシのように動き回って子供たちを叱って(苦笑)そんな生活をしてたので、いつの間にかとても呼吸が浅くなっていたような気がします。新型コロナによってはこの生活がいつまでできるのかわかりませんが、子供が学校や幼稚園に行けるうちはこの時間を大切にして、また体力を充電しようと思います。

そういや先日、頼んでおいたリビングの絨毯が届きました。コロナで生産が遅れて、頼んだものが何ヶ月も遅れてやってくるってことが常の状態で2週間遅れて届いた絨毯は優秀!!たかが絨毯、どこにでもありそうな絨毯ですが、自分で生地を選び淵の布を選んで部屋や家具にあったサイズで発注して、出来上がりを見るまではある意味、賭けです。これで自分の描いていた理想のものが注文できた!と思っていても出来上がってきたらイメージと違ったってことは多々あります。そういう意味では自分の中で描いていた図どおりのものが仕上がってきてそっと胸を撫で下ろす母さん。

ウィーンも朝晩は冷えるようになってきて少しずつ秋を感じるようになってきました。日本の四季の素晴らしさをこっちでも子供たちに感じて欲しいので、できるだけ季節ごとに家のコーディネートをしてるのですが、そろそろ秋支度をしなくちゃ!と思いつつも重い腰はなかなか上がらず、スパークリングワインに逃げる母さん。

庭では一時期小康状態だったバラたちが咲きだし、庭には色々な色のバラがまた咲きだしだした。そろそろキノコやカボチャ料理を作らなくっちゃ!

家族でホッとできる時間

今日からいよいよ新学期。お陰様で子供たちと充実した夏休みを過ごせたのですが、新学期が始まって心底ホッとしている母ちゃん。ロックダウンが始まってからこの半年間、子供たちにできることすべてをやってきたつもりです。でも半年もほぼ母ちゃん一人で仕事の合間に勉強を見て子供の相手して毎日のように子供たちが夜まで遊びに来る生活にもう若くない母ちゃんには心身ともに限界。夏休み最後の二日は母ちゃん、イライラ全開!!土曜日なんかはせめて1時間でも子供から離れさせてくれ!!!と母ちゃん、プチ家出。なんの目的もなくただただ大人のいるところを歩き、ボ~と何に追われることもない時間を過ごしました。それだけに新学期が始まって子供たちが数時間でも学校や幼稚園に行ってくれるのが嬉しい。

夏休みが終わる最後に夏の思い出。一人子供が増えた今回の旅行。子供たちが楽しそうに遊ぶ姿を見て、遣り甲斐を感じた旅でしたが、それでも最後の日ぐらいはゆっくりと家族だけで過ごしたい!

A君パパが仕事を終えて土曜日の晩にA君を迎えにきてくれたので、旅の最終日は家族だけでゆっくりのんびりと過ごすことにしました。今回旅最終日にして始めての外食。

例のこの湖で獲れた最高に新鮮な魚の炭火焼きを食べた後は、家族でひたすら湖をボケ~と眺めたり、カモにパンをやったり・・・。時間がゆ~っくりと進んで、今回初めてゆっくりと呼吸をしたような気がします。(笑)帰り道、道路の横に出ていた魚屋さんで手作りの魚のパテをお土産に買って帰ったのですが、これがとっても美味しくって旅が終わった後もしばらくは旅の余韻に浸ってました。

そして夜はあまりお腹がすいてないので、夕日を見ながらBarで軽くおつまみでも食べよう!ってことになり湖岸をお散歩。

なんとも長閑でありながら優雅な時間なんでしょう・・・。夕方は寒くなってくるのですが、それでもみんな水を遊んでいる姿を見て、なんだかわからないけど母ちゃん一人でじ~ん、としてました。

本当はお洒落な湖岸のBarかレストランでご飯を食べるのが今回の希望でしたが、もういいや!こんな景色をずっと見ていられるなら、立ち飲みだって立ち食いだっていい!!ってわけでビーチの近くにあるスタンドのBarでハンバーガーとカクテルを頼んで湖岸沿いで食べました。(笑)

毎日3食ご飯作って洗濯機2回回して掃除機かけて・・・という休暇という名からは少しかけ離れた今回のバカンスでしたが、子供たちがとても幸せそうだったのが何よりの今回の宝もの。