兄・歯がぬける!!

上のお兄ちゃん、やっと先週一本目の乳歯が抜けました。クラスの中で一番年下のルーべ。自分だけ歯がまだ抜けないことがショックらしく、グラグラしだした歯が今日も抜けなかった・・・と毎日落胆をしていたのですが、母ちゃんがお弁当に作ったかた~いパンのサンドイッチ(笑)を食べたら、あら??歯がグッラグラになったよ!!

ってわけでめでたく4月2日に一本目の歯が抜けました。よかったね!!この後数日、そこらじゅうの人に歯が抜けたところを見せて回っていたルーべ。お主、まだ可愛いぜ~!!

そんなちょこっとずつお兄ちゃんになっていくルーべ。まだまだ不得意なこともいっぱいあるけれど、計算がお好きなようで、車や電車に乗っていると退屈しのぎに計算の問題を出せ!と要望してきます。165+134は??45x4は?一週間は何時間??誰も何にも教えてないので、自分の方法で頭で暗算して答えをだすのですが、この計算の仕方っていうのが全くもって母ちゃんには不明。でも答えは正解だから、やり方はきっと当たっているのだろう・・・。

一本乳歯が抜けると寝る前に枕の下に抜けた歯を置いて寝るルーべ。夜中に天使がやってきて、歯の代わりに2ユーロを置いてくれるのですが、これが嬉しくてたまらないらしい。僕の乳歯は20本。ってことは全部歯が抜け替わったら40ユーロ。それプラス今まで大事に集めた僕の貯金8.5ユーロで僕48.5ユーロ!!大金もち~!!あ!でも奥歯が生え変わる時は痛いらしいから、きっと奥歯が抜けたら天使は3ユーロ置いていってくれるかな???ってことは僕50ユーロはお金がたまる!!!やった~!!と無邪気に頭の中で妄想を膨らますルーべ。やっぱりアンタの中身はまだ6歳児のピカピカ一年生~!!

2019年の元旦

ウィーンでお友達や知り合いの家に遊びにおいでよ!と言われるとたとえ一時間のちょっとした時間でも意外や意外、みんな手作りのケーキなんかを作って待ってくれています。ってわけで昨日は昼過ぎに遊びに来るフェリックスファミリーに母ちゃん、朝いちからケーキ作り。あまり甘いものが好きでない、母ちゃん。ケーキ作りよりお酒のつまみ作る方が好きだな!そしてコーヒーより、泡の方が好きだなぁ・・・なんて。(笑)そして今日も、そして明後日も来客!!お菓子じゃなくて、お酒用意しといちゃ駄目??

さて大晦日夜中の3時半まではしゃいでいたのに、次の日のゆっくりと起きたもののチビ達は元気が有り余ってます!!ってわけで元旦から今度はスキー場に行ってきました。天気は一日あまりよくなかったのですが、一瞬だけ青空も少し顔を出してくれました。

旅の間、ずっとお天気が悪く、山の方は毎日吹雪いていることが多かったのですが、それでもこの二人にはお構いなし!! 昨日、夜中の3時半まで遊び回っていた子達には見えん。君たちの体力って?!

スピード魔のスカイはかなりのスピードを出してソリ滑り。大人でもかなりのスピードに怖くなるのですが、この方はキャッキャと大ハッスル!!

ルーべはソリ滑りだけじゃ物足りないらしく、今回はじめて自分からスキーをやりたい!!と言い、2.3時間ほどだけでしたが、スキーをくり子から習ってました。マイナス10度、そして吹雪きの中での始めての本格的なスキーに嫌気をさすのでは?と心配したのですが、本人はスキーが楽しいらしく何回も上っては上から滑ってました。

吹雪でほとんどのスキー場が閉鎖する中、やっているスキー場を探し当てて行くのはなかなか大変。最後の最後、駄目もとで行ったどこかの村のふもとでやっているリフトも一つだけという小さな子供スキー練習場が奇跡的にやっていて、ここでスキーをさせてもらえたのがルーべにとっては結果的によかったのかも。人も少なく、とてもなだらかなスキーコースを自分のペースで練習することで、スキーの恐怖心より、滑る楽しみを体験できたみたい。毎日スキーに行きたいと行っていたけれど、行けたのは結局2日だけ。後は吹雪きで視界が悪く体感温度はマイナス20度と書いてあったので断念。

そして元旦の日の夜はキッチンつきのアパートメントで一日遅れの年越しそばと子供達は釜揚げうどん。冷え切った体を年越しそばで体を温めます。(ここのキッチンには深めのスープ皿やお茶碗の大きさの器がなかったのが難点。)

今回の旅で外食したのは、旅一日目の夜一回だけ。あとは母ちゃんが3食とも毎日作りました。・・・と言っても昼はスキー場とかで食べるので、毎日色んなサンドイッチかホットドック。そして出かけ先から帰ってきたらまずはホテルの前のスーパーで夜の食材を買って、あとはゆっくりとみんなでくつろぎながら夜ごはん。ちょっとお金を節約しながらみんながリラックスして楽しい旅。それがこの最近の母ちゃんのモットー。その旅に大活躍してくれたのがこのお部屋でした。

ホテルよりずっと安いアパートメント。毎日お掃除に誰も部屋に入ってくれないし、食事はついてないけれど、その分部屋は広いし、誰もこの部屋に干渉しないので、自分達のプライベートは確実に確保される。小さい子どもを持つ親としては、アパートメントはかなり魅力的。パン切り包丁とお肉専用の包丁にも普通の包丁がもう一本あればもっと使い勝手がいいのに・・とか2.3点思うとことはありますが、それ以外は大満足のアパートメント。お世話になりました!!

 

 

 

何事もなくクリスマスを・・・

もう体も精神的にも限界が近づいている母ちゃん。だからできないものはしない・・・頑張りすぎない!!と心に誓ったのに、結局すべてをやってしまっている母ちゃん。本当の馬鹿です。来年はもう少し自分を見極める力をつけよう・・・。

さてまだ胃も頭痛もひどい母ちゃん。その原因の一つに先日書いた生徒のことが絶えず自分の中でひっかかっているはわかっている。2週間ほど前に生きる気力を失っていた彼に追い討ちをかけるように数日前に付き合っていた相手からも別れを告げられた。世の皆がクリスマスで浮かれている時に一人だけ取り残された気持ちになって変な気を起こしてしまわないかが心配でならない、

月曜日にじっくりと時間をかけて母ちゃんはその子の話に耳を傾けた。その後、幾分気持ちも楽になって症状がよくなったらしい。でも鬱病の次の日はわからないのが現実。2、3日に一度、どうしてるか?というメッセージを送ることを心がけている母ちゃん。小さい頃からいつも寂しい・・という気持ちが大きいこの生徒に対して、いつも心は寄り添っているよ!というメッセージだ。

この生徒の人生は複雑で、彼が赤ちゃんの時にお父さんは脳腫瘍で亡くなっている為、今までずっと母親と二人で暮らしてきたのだが、幼稚園の時から”何事も一人ですること”を母親からも祖母からも教育をされてきている為、小さい頃からすべてを一人でやってきた。そして泣くことも許されなかった環境に、彼は自然と何に関しても優等生でいるようになった。母ちゃんが始めてこの生徒に出会った時も、気遣い、振る舞い、そして努力家の彼に日本人と接しているのかと錯覚をしてしまうぐらい何に対しても長けている子だった。

でも彼が大学に入って2年ぐらいした頃から、母ちゃんは何かこの生徒に異変が起きているのを感じていた。今まであんなに熱心に音楽に取り組んでいたのに、(いやその時も一生懸命音楽に取り組んでいた)心がどこかに行ってしまっている感じがしてやまなかった。この頃から体調も頻繁に崩すことが多く、母ちゃんはほっとけなかった。そうこうしているうちにその子が自分から悩みを打ち明けてくれた。今まで誰にも言ったことがなく、今そのことを言おうとしている自分に震えていると言いながら・・・。

それは母ちゃんが想像を遥かに超えるものだった。彼が抱えているというのは”性同一性障害”だった。幼稚園の頃から自分は出世時に割り当てられた性別とは違う性の意識が高く、高校を卒業するまでそれを告白すると周りの友達がみんなショックを受けるから隠していたけれど、成人になった今、それを隠す必要があるのか?と自分に問いただした時に、今まで保ってきた心のバランスが崩れてしまったという告白だった。

今まで母親にも誰にも隠してきた。今はじめてこのことをここで打ち明けたという彼をどうやって守っていけばいいのか、その時の母ちゃんは自分の心臓の鼓動がすごく大きな音を立てて波打っていたのを今でも覚えている。母ちゃんが出会ったどのオーストリア人より細やかで女らしい気遣いができるこの生徒に(この時点ではこの生徒は女性。そう母ちゃんが初めて出会った時は15歳の女の子だった)母ちゃんは、彼がそう思い込んでいるだけなんだと思っていた。だからとりあえずその障害を専門にする専門科医のところに行くことを勧めた。それも1人じゃなくて、2,3人の先生のところに言って診断してもらうことを進めた。

結果は3人の先生とも100パーセント彼はその障害を持っていると診断した。そしてその後、母親、そして周りの人にも話し了解を得て、性を彼の本来の持っているものへと変換する手術をした。この障害を専門に扱う教授によると、性変換してもなかなか自分の思い描いていたものとは違うという感情が多いため、生涯にわたって苦しむことが多いという話を聞いて、それ以来ずっと心配してきた。そして彼が自分から何か言ってくると必ずそれに耳を傾けてきた。

今回彼が話した鬱病というのも幼少時代から違和感を感じていた自分の性が大いに関わっているのではないかと私自身は感じる。だから小さい頃から鬱病を患っているという診断結果にもつながっているのではないかと思う。幼少時代からの家庭環境だけでなく、色んなものがクモの巣のように複雑にからまりあって今に至っているんだと思うと、この出口が何処にあるのかわからない。

だけど彼自身が出口を探し、自分から解決策を模索すべく、色んな角度から治療を模索し、すべてを話してくれる今の状況を逃したくはない。ここで見放すと彼は自分の殻に入ってしまって二度と母ちゃんに、そして人に心を開いてくれないだろう・・・。そうはさせまい。

母ちゃんにできることなど何もないが、それでも母ちゃんは寄り添ってやりたい。生きることを諦めたら、もうそこで何もかもが終わりだ。そうは絶対させたくない・・・。どうか彼が、そして世界の人々が穏やかで平和にクリスマスが過ごせますように・・・心から願う毎日。